週末?仕事かキャンプだよ!!

ソロキャン多めな素人キャンパーが右往左往する様を記したブログ。気軽にコメント頂けると泣いて喜びます。

極寒の年末年始キャンプ!後編 <洪庵キャンプ場 2018年12月~2019年1月>

↓ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

(前回の記事の続きです)

どうもこんにちは、ネクスです。

 

今回は2018年大晦日、洪庵キャンプ場へ行った記事の後編となっております。

よろしければ前編からどうぞ~ヾ(´∀`)ノ

 ←前回の記事を読む

 

眠れぬ夜

明け方、湖の畔にわかに騒がしくなってきた。

初日の出が近いのだろう。

 

我々も一目見たいと、テントから這い出る。

 

友人S「よく寝た」

友人Y「まあよく寝た」

ネクス「寒くて寝れねーよ!!」

 

 

マジで全然寝れなかった!!

仰向けで寝れば背中が冷たく、横になれば肩が冷たい!

 

・・・マットってホント大事なんですね(´・ω・`)

 

とりあえず冷え切った体にムチ打ち日の出を待つ

初日の出待機中

続々と畔に人が集まってきました。

洪庵キャンプ場の初日の出

今か今かと待ちわびる人々。

 

そして肝心の空模様は・・・。

本栖湖 初日の出

く・・・雲がジャマだあぁぁ!!

しばらくして空が青く色付いてきても、雲がいなくなる様子は無い。

・・・まあこれはこれでいい景色なんじゃないだろうか?

焚き火を起こし、体を温めながら気長に太陽を待ってみる。

 

いやしかし、深夜に比べればマシになったとは言えまだ寒い!

一晩中冷気に晒されてたネクスはいまだに震えています

 

シュラフに潜り込みたい気分になってきますが、ここまできたら見たい・・・。

初日の出が・・・みたい・・・。

 

あけました

そしてついにその時が

初日の出

き・・・・きた・・・!

 

きたーーーーーーッ!!!

 

人々から「おぉーっ」という歓声があがる。

カメラ音もあちこちから聞こえます。

 

そしてなにより、この時感じたことは太陽の熱の凄さ!

 

太陽が昇って光に照らされた瞬間、光にあたった部分が一気に熱を帯びてきます。

めちゃくちゃ気持ちいい。

 

コタツとかヒーターとかそんなもんじゃなくて、なんと例えればいいか分からない程の気持ちのよさ。

さっきまで震えてた体が、表面ではなく芯から温まっててゆく・・・!

 

ちょっと涙が出そうになりましたよ。

太陽の光って偉大だ!!

 

これを味わえただけでも、一晩かけて体を冷やしておいた甲斐があったってもんだ!!

 

そしてその凄まじい太陽の力は、雲を一気にかき消してしまいます。

快・晴!!

あけましておめでとうございます!!

 

その後は軽く朝食を取り、撤収準備。

片付けがほぼ完了した頃には綺麗な青空になっていました。

素晴らしい思い出が出来ました。

ありがとう、洪庵キャンプ場。

ありがとう、富士山。

 

また来ます!!

(でも次までに防寒具をもっと揃えておこう)

 

感想

終わってみれば天気に恵まれました。

快晴の中で眺める本栖湖と富士山は素晴らしい景色。

 

今や世界遺産の富士山を見ながらキャンプとか、すごい贅沢なんじゃなかろうか(´ω`*)

 

準備が足りず寒い思いもしましたが、今となればそれもいい経験。

むしろその寒さがあったからこそ、太陽のありがたみを強く感じられたのかもしれません(`・ω・´)

年末年始、キャンプ行ってよかった!

 

蛇足

帰路についた三人。

道中、開けた場所があったので車を停めて開放感に浸る。

富士山

 

この景色の中にいると・・・

無性に・・・

走り出したくなる

 

そして隣にはTシャツ一枚になった友人S(真冬)

いいオッサン2人、恥をかき捨て走り出す。

 

 

いくぜ!!


俺達の!!

 

戦いは!!

 

これからだ!!

 

ではまた次回の投稿で!!

 

 

 

 

↓ポチっと応援お願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ